読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずブログ

君との出会いにセレブレイト

オタクやめたい

 

 

 

 

今から、これからのジャニオタ人生について考えてることを文字に起こして気持ちを整理させてください(笑)

 

 

月曜から夜更かしで 検索履歴を見せてくださいってあるじゃないですか

あれ、自分はどんな感じなんだろうと思って見てみたら

「ジャニオタ やめる方法」がブワァーっと並んでいました(笑)

 

毎日口癖のように「オタクやめたい」と言っています

 

 

まずこれについて整理

私がオタクをやめたい1番の理由は金銭面。

使えるお金は全て美容や衣類に使いたいんです。

とにかく「お金」が1番です。

次は印象の悪さ。自分はジャニオタsideにいるので変なヤツなんてほんの一部だと知っていますが、やっぱり"ジャニオタ"=性格悪い のイメージは世間的に強いと思います。

あとはなんか、何やってんだろ。って思う事があるからです。

あの子は毎日あんなに頑張ってるのに私は家で録画編集してDVD見てキャッキャ言ってるだけ。これは時々ですが、情けなくなります。

 

次にオタクをやめられない理由

これは「楽しい」とか「幸せ」とかそういう気持ちになれるから

あと単純に「好き」だから。

もう本当にこれだけです。理由もないです

楽しくて幸せで大好きです。

だからよくCDや雑誌やグッズを買ってジャニ関連にお金を使う事を「貢ぐ」っていってる人たくさんいますが、私は「貢いでる」なんて思ったこと1度もない

別に彼らの為にお金を使ってるんじゃなくて、自分の幸せの為にお金を使っています。

そのうちわや写真を見て自分が幸せになれるから買うだけです。

食べて幸せ~と思う為にスイーツ買うのと同じ!

 

 

 

そこで原点に戻って考えたら

・お金を使わない

・人に言わない

・でも好きで居続ける

 

これですべて解決するんですよね

 

難しいけど...

 

 

PVとかは見たいから初回だけ買う、とか

現場主義だからライブは行くけど グッズは控える、とか

お金や時間はきちんと考え使えば良いこと。

そしてついつい「○○くん大好き~!」って皆に言いふらしたくなるのをグッと堪えて仲の良い身内友達にだけ話す。そうやって工夫すれば無理矢理「好き」をガマンして幸せ削る必要ないと思うんですよ。

 

って それジャニオタやめてないや~ん

 

って突っ込みたくなるけど

ここまでやれば「ジャニオタ」ではなく「ジャニーズファン」くらいにはなれるんじゃないかな、これって「オタクやめる」に当てはまってるんじゃないかな!!

どこ中心にお金や時間をかけて どこを捨てるかは、またゆっくり考える事にしよう。

 

 

ハイひとつめ解決

 

 

次にやっぱり、ずっとすばる一筋で担当してきて

自分はすばる一筋だから メンバーみんな大好きだけど部屋に集合ポスターを貼るのはめちゃくちゃ嫌で。ジャニ置き場には赤しか置かない、ポスターはすばる単独しか絶対に貼らない、写真も単独しかいらない、そうやって1人だけに愛を捧げてきたのに

最近のわたしったら ちょっと美しい!と思ったくらいの 山田くん(自担じゃない)の切り抜きなんかヘイキで壁に貼ってるしなぜか裕翔くんのキーホルダーとか買ってるし(笑)特別好きな担当がいても、この人しか!!みたいな愛情はゆるっとしてきてる。

 

だから 新しく好きな人に出会った時に、今まで大好きだった担当のグッズ全部譲りに出して 画像なんて全部削除して "パキッ"と辞めて次にいける人が本当に羨ましいし、スゴいなぁって思う。

私は執着してしまってるのか・・・

それとも新しい人にすべて捧げる自信がないのか・・・!涙

 

 

 

 実は2件もジャニオタ人生を綴ったくせにまだ整理しなくてはいけないことがあります(笑)

 

私がそうやって「この人だけ!」にしたいのはお金もまぁあるけどそれ以上に「すべて捧げたい」気持ちの問題であって 色んな人の好きなところだけ見るんじゃなくて、好きなところも悪いところも全部含めて応援したいっていう...だから本当に気持ちの問題。

 

だからもしかして

今好きな(複数人いる)担当を全員"パキッ"と卒業して

「この人だけに・・・!」って思える運命的な人に出会えるかもしれない。と思って

少クラとか 他グループの番組とかも見始めました。

 

好きになろうともしました。

この人(中島健人くんとか)のことを自担に出来たら幸せだろうなぁって

なるべく末永く応援したいなぁ、とか。

でもさ、好きにって、なろうとしてなれるもんじゃないんだよね。

むしろ 好きになっちゃいけないくらいの人の方が何故か好きになっちゃいがち(笑)

 

 

 

しかしそこで

 

 

わたしは

 

 

 

出会えちゃったかもしれないんです。

 

 

 

って言うのも緊張してる

 

 

 

宣言したら早いから

 

 

自分はこの人の担当ですって宣言したら

あとはもうどんどんハマっていくの分かってるから

と、いうことは今まで好きだった人を辞めて次に行くということだから・・・・

 

誰も見てないかもしれないのに、少し緊張します(笑)

 

しかし私にはまだ今までと変わる勇気はございません。

 

ので、担降りの決意表明ブログを書くとしたら

それはもう少し先になります。

 

 

 

ふう・・・・

 

 

好きかもしれない・・・!!!!!

 

人生はジャニーズオタク(後編)

 

 

 

続きます。

 

前編で私が強化すばる担ですという話をしましたが

 

大倉君の一件があってか 元気コンのDVD発表がかなり遅れましたね

ツイッターでまだかまだかと言っていました。

メールでDVD blueray発売情報が来て ドキドキしながら開いたらあ、フラジャイルか...って多くのエイターがなってたと思います(笑)

ZIPで初めてオーラスの映像が公開されたときは ボロボロ泣きました。

すばるの言葉、関ジャニ∞の姿、エイターの涙。

ほんと、悲しい思いをした人がたくさんいたと思う。それでも関ジャニ∞とエイターの絆があって、あの日のライブは関ジャニの歴史に残る素敵なものになったと思う。

 

ただ、ああいう形でDVDになったのがどうしても納得できなかった。

 

あの日のライブは、"そこに居たエイター"と作り上げたものだし

元気コンが本当に本当に素敵なものだったから、本来の全員揃ってた時の映像をDVDとして残してほしかった。大倉君がいない、っていうのも、どうしてもどうしても納得いきませんでした。

 

こうやって 隠さず出していくところが関ジャニならではだな、関ジャニだからこそ出来ることだな、とも思ったけど、関ジャニらしくないな、とも思った。

うーーーん、なんだか納得できなかったんです。

それまで関ジャニに文句をつけたり、貶したりしたことがなかったから、素直にいいね!と思えない自分にもモヤモヤしました。

 

あと、16年の前半(罪夏プロモが始まるまで)エイター暇だったよね...

唯一の楽しみは毎週ある関ジャムとクロニクル(冠番組2つもってるなんて贅沢な方ですが...)だけだったし、その頃のすばるは浮腫みがヒド過ぎて、素材の良い悪いに関係なく美意識的な問題で テレビに映る姿ではなくない?と思ってしまいました。

 

と、まぁ見る人によっては小さなことかもしれませんが

私にとっては 初めてガッカリしたんです。

 

 

 

そして

 

こっんな時期に私は、Hey!Say!JUMPに出会ってしまいます。

友人(山田担)宅でたくさんのDVDを見(せられ)ました

そこで私が終始言っていたのは「伊野くん...!!!」

友達から「映るたび反応してる」「伊野尾くん担じゃんw」と言われましたが「そんなんじゃないよ!顔が好き!わたしにはすばるが!」(キュンキュンしたのは事実です、JUMPingCARnivalの伊野尾君、特にペトラ あれは反則でしょうが)と、反抗していました。

しかしちゃっかりDVDをお借りして、家でひととおり騒いで 次に借りたのがsmart。

これの「Together Forever」「桜、咲いたよ」で私は2度目の恋に落ちます。

 

はい、有岡君です。

ジャニオタ人生2回目のビビッ!!!っていうアレが起きてしまいました。

 

わたし、伊野尾君のことが好きかもしれない...!と思って見始めた時にどっきゅーん!と恋に落ちたのは、有岡君。そしたらすぐに行動に出て FC登録 真剣サン予約 毎週録画などとても早かったです。

JUMPの魅力にみるみるうちに惹かれていって あっという間に有岡沼の底です。

もう、Hey!Say!JUMP最高!!!!

 

多分 昔亮ちゃんじゃエイターになりきれず すばるに出会えてこそエイターになれたのと同じように 伊野尾くんじゃJUMP担になりきれなかったけど、有岡君に出会えてこそJUMP担になれたんです(いまでも亮ちゃんと伊野尾くんは福担なので私にとってあと一押しが 押せたのが自担との違いなのかな、と思う)

 

 

 

ここから私は「掛け持ち」という世界に足を踏み入れます。

 

 

ジャニオタ人生をかなり拗らせ始めるので

またまた長くなります(笑)お時間が許せばお付き合いください(笑)

 

 

 

やっぱり正直 新しいものへのときめきはハンパじゃないです。

例えば ずっと好きな曲はずっと好きに変わりないけど 新曲でそれと同率くらいに良い曲がきたら、新曲ばかり聞いちゃいませんか?だってずっと好きだった曲は今までも好きだったし、「新しいもの」って何をとってもドキドキワクワクして楽しいじゃないですか。なんかそういう感じ(笑)

 

だから どっちも予約したけど罪夏を注文するときよりも

真剣サンを注文するときの方がドキドキワクワクしてしまった。

特番でどっちも出演してて、録画で見る時は 何故かJUMPを先に見てしまう

色んなことが気になるし知りたいから ツイッターもエイト垢よりJUMP垢を多く開いちゃう(それも無意識で)。

 

 

極めつけは 玉アリに参戦するリサイタル(8/14)よりも

横アリに参戦するDEAR.(10/7)の方が ぶちゃけ楽しみでした。

 

 

エイトが好きで 他のグループだったらJUMPがいいよね~というよりは

ジャニーズどこのグループ担なの?って聞かれたときに答えられなくなってしまうような域です。

 

 

そこで私の固定観念「すばる以外は考えられない」が解けて

「案外他の人のことも好きになれちゃう自分」に気付きます。

さらにこの夏「恋を知らない君へ」という曲に胸を打たれた私は

手越君にドハマりして、NEWSのFCにも入会し 24時間テレビの募金も5時間並んで行きました。「案外他の人のことも好きになれちゃう自分」を拗らせ始めます。

 

 

~掛け持ち3つめ(苦笑)~

 

 

それでは、早めにNEWSの話を済ませようと思います。

 

「恋を知らない君へ」だけはこの曲好きだから買おう!

とシングルを買おうと思った時に、母が百貨店の商品券をたくさん持っていて 使いたいけど使い道がないと嘆いたので「じゃあ...!!!」と NEWS4人の復帰ライブを購入しました。そこで見た手越くんの「フルスイング」落ちサビで涙を見せたあの姿。有名なシーンですが、私も泣きました。興味半分で見たつもりが、惚れてしまったんですよね...あんまりにもカッコ良くて。「今すぐ手越担としてFC権を手にしなきゃ死ぬ!」と謎に焦り 早急に入会しました(行動だけは早い)

だからこの夏は実はNEWSに捧げたんです

手越君と人生歩みたいとさえ思いました。

 

しかしなんにしろ掛け持ち3つ(苦笑)なもんで、しばらくの期間私は

大ちゃん見てる時は大ちゃんが1番好き♡

てごにゃん見てる時はてごにゃんが1番好き♡

すばる見てるときはやっぱりすばるが1番好き♡

みたいな、ブレブレ女になります。

 

 

これがまあ、精神的にキツい。

 

 

金銭面もこれまでの3倍になるので当たり前にキツいですが

それ以上にどの人も「本命」と言い切る資格がないんです。

全員に100%の愛情を捧げたって 今まで1人のことしか好きな時間しか存在しなかったのに 別の人のことが好きな時間が存在してるんです。そんな自分が妙にイヤでした

 

 

そこで私はDEAR.に2日間参戦します。

感想はもちろん最っ高!!トロッコで大ちゃんが近くに来た時は手の震えが止まらなかったし、本当にカッコよくて可愛くて楽しくて「幸せ」って言葉がピッタリのライブでした。(特にMy Girl。あれヤバいよね、有岡君ガチ恋にとってはちょっと色々妄想させられるわ。たまんない)その反面、これまで関ジャニ∞のエンターテインメントを見てきた私は「まだまだだなぁ、その面は 流石関ジャニ!」という感情もありました。まだまだ適わないゾ、と。

 

 

まぁそんなこんなで16年後期は、手越君のことを考える時間が自然と減っていきました(ああこんなこと本当は言いたくないよう...)。

NEWSは「まだライブに行った事がない」

「デビュー14年目に対して自分はまだ数ヵ月」

「NEWSファンという大きな仲間の中に私の入る場所はないし、自分の中にもNEWSを置く場所はもしかして無いかもなぁ、」と考えました。

NEWSはグループとしても個人としても魅力が十分に分かってるし(なんでファンなのか分からない、的なのが一切ない。NEWSの誰担の人のことも、うんうん素敵だと思う好きになる気持ちわかるよ!!って言える)応援したい気持ちはあるけど、私じゃない。好きだけど、担当として持つのは違うかな、っていうかライブ行ったらキリがないから ケジメつけるなら今だな。

ということで17年のツアーを応募しませんでした。

それによって、きちんとケジメがついたので良かったです。

好きな事には変わりないので、テレビは見て、茶の間範囲で応援していきたいと思います!!!

 

 

(まとまって良かった・・・)

 

 

 

私が掛け持ちとして葛藤している感情は

「こんなに有岡君のことが大好きなのにすばる担を降りれないのは、有岡君が物足りないのか、わたしの有岡君への愛が足りてないのか」

「こんなにすばるのことが大好きなのに有岡君に惚れてしまったのは、すばるが物足りなくなったのか、わたしのすばるへの愛が足りてないのか」・・・です。

しかし(気になった人もいるかもしれませんが)2人のタイプがあまりにも違い過ぎるので、タイプが似ててどっちも好き!というよりは、わたしが2人に求めてるものが全く別物なんだと思います。

 

 

 

ハイ、そこで冬が来ました。

 

 

エイタメは東京に2日間参戦。

2日目のチケットは 当日誰かに譲ってしまおうかと迷ったくらいです。

もちろん楽しかったけど、え?って思った。少しだけガッカリ

天井席だったから熱があまり届かなかったのかな...

それとも気持ちがJUMPに向きすぎて心から盛り上がれなかったのかな

なんでなんだろう・・・って思ったんですけど、この間大倉担の友人とお話してたところ私と同じように見えてたらしく安心しました。

エイタメが心から楽しかった人は この先読まないほうが良いかもしれません。

 

・エイトレンジャーが雑(あれはコントなの?)

・すばるに熱がない。手抜きじゃないけど例えばJUKEBOXのオーラスみたいなアツさがなくてなんかゆるキャラみたいだった

・オモイダマの落ちサビなんて1番楽しみに待ってたのに 軽かった

・(エイトは悪くないけど)マイクトラブル多過ぎ

・せっかくアルバムに捉われないで出来る(しかもドーム)ツアーなのに セトリが雑

 

ざっとこんなところです。

席が悪いのか 私の気持ちが悪いのか はたまたエイトさんが...なのかよくわかりませんが、うーーん、元気コンが楽しすぎた分 今まで程の感動がなかったなぁ。

 

「突っ張って!」のすばりょが距離近くて興奮したことと、すばるが2日目のオモイダマ最後に言ってくれた「エイター!!!!!」には、ハッとさせられました。

ものすごく楽しかった部分も 事実です。

 

 

 そして、DEAR.の元旦。

正直、興奮しすぎて 一生分叫びすぎてあんまり覚えてません(笑)

終わった時に、「元気コン初日(詳しくは前編)に並ぶほど楽しかった!!!」と感じたことだけは覚えています。あーれは素晴らしかった。とにかくセトリが良かった!

 

 

 

それから1ヶ月ちょいが経ち、いまは日々有岡君と知念君(かわいい)のことばかり考えながらクロニクルとかは見ています。

なぐりガキは買ってません。出費も現場も取りあえず今すぐはないので、ゆるっと関ジャニとJUMPに落ち着いています。

 

 

 

ちょっと長くなり過ぎました。

これまでのジャニオタ人生で感じた気持ちとかはきちんとまとまったので少しだけスッキリしています。

次の記事では これからのジャニオタ人生についてもやもやしていることを文字に起こして整理していきたいと思います。

 

人生はジャニーズオタク(前編)

 

 

初めてこうしてブログを書きます。

とにかく「自分の気持ちを整理して文字に起こしたい」

それだけのキッカケなので、ただただ、自分のジャニオタ人生のこれまでとこれからについて文字に起こしていきたいと思います(笑)

 

 

まず、初めて好きになったのはKAT-TUN田中聖くん。

それは私が小3とかだったと思います。24時間テレビで体の不自由な男の子と一緒にお風呂に入る姿を見て、子供に向けた優しい笑顔に惚れたんです。忘れもしない。特急田中3号とかめちゃくちゃ見てました。初めて買ったのは QUEEN OF PIRATES。私自身幼かったのでジャニオタという界隈も世界も何も知らず、ただKAT-TUNのファンで、田中聖に恋してました。「喜びの歌」「keep the face」「LIPS」「white Xmas」とかめちゃくちゃ好きだったので今聞くとなんだかよくわからないけど泣きそうになります。

KAT-TUNが6人だった頃に1番好きだったので仁君がいなくなっから少しずつ見なくなり、聖がいなくなったときはもう完全に興味をなくしてしまいました。しかし、「ジョーカーゲーム」「怪盗山猫」が映画、ドラマ共に自分の中で1番好きなので亀梨君は俳優としてジャニーズ1だと思ってます。尊敬してるし、岡田君とかと並んで良いくらいに亀梨君は素晴らしい俳優だと思ってる。聖の映画も良かったな~!顔がタイプだし、やっぱり一生「初めて好きになったひと」という目で見ていくと思います。

充電期間からの復帰、待ってます!!KAT-TUN3人の活躍を心から応援しています。

 

 

次に好きになったのが嵐。

初めて買ったCDは「believe」で「ザ・クイズSHOW」とかやってた時期ですね。翔君が好きでした。まぁあの頃の小学生なんて全員嵐が好きだったといっても過言じゃないと思うし私もその中の1人です。好きな芸能人は、嵐メンバーの5択。クラスの女子で誰派か毎日話すんですよね、私は翔君派でした。今思うと「ザ・クイズSHOW」の翔君はMAXにカッコ良いですよね!最近見たのですが、美しすぎます。当時嵐は10周年だったし、アルバム「5×10」も毎日聴きながら寝てました。ヒミツの嵐ちゃんとか、懐かしいなぁ。

 

 

と、ここまではFCにも入っておらず、ライブにも行った事がありません。

オタクというよりファンですね、茶の間程度。P誌だけは毎月必ず買ってました(笑)

 

そこからしばらく私はジャニーズから離れます。

 

 

次の出会いは関ジャニ∞

中2のとき1番仲の良かった友達が大倉担で、カラオケで歌ったりエイトレンジャーを見に行ったりしてたんでファンじゃないにしては結構詳しくなりました。そこでPVとかも目にする訳ですが、私が「この人がいいなぁ~」と思ったのは、渋谷すばるくんでした。パッツン前髪だった頃ですね。でも、大倉担の友達がわたしと2人でtorn担になりたかったらしく、ふわふわ~っと、ちょっとカッコ良いな~と思ってただけなんですけど、錦戸担として扱われてました(笑)いや確かにカッコ良いとは思ってたんですけど、ケータイに画像保存しても別にときめかないし別になくてもいいかな…という感じ(笑)だからその時8周年で相当盛り上がってたんですけど、関ジャニにそこまでハマらなかったんですよね。「知ってる」だけで「大好き」の域にならなかったんです。

 

 

まぁジャニーズに大して興味も湧かず、さらに2年…

 

 

エイトレンジャー2が公開されました。また別の大倉担の友達と見に行ったんですけど、そこで私は落ちましたね。そう、あの時気になった「渋谷すばる」君に。

実は妹も大倉担(いや私の周り多すぎ笑)だったので、CDやDVDが家にたくさんあり(ラッキー)帰って速攻で見ました。「オモイダマ」のPV。落ちサビのすばる。

ビビッ!!!と、今度こそビビッ!ときたんです!!!

そして始まった、ジャニオタ人生の中での超大恋愛。

「渋谷のファンは重い」って本人も言ってましたが、まさにその重いファンの1人です。ファンっていうより「信者」の方が近い気がする。

ここから長くなります(笑)

読んで下さってる方は 時間 気を付けて付けてください(笑)

 

 

FCに入り、ちょうど24時間テレビがあり、関ジャニ∞10周年を迎え

関ジャニズムライブツアー!人生初めてのライブは、クリスマス当日の(東京住み)名古屋遠征。Bブロアリーナでした。死ぬほど楽しかったです。初めてだったので夢の国感がスゴくて会場入りしただけでウルッと来て、幻の時間でした。

 

そのすぐあとに渋谷すばるソロデビュー!

(担当になって半年。あまりにもタイミングが良すぎる、贅沢過ぎる)

なんと、zepp tokyoオーラスに当選。2階席でしたが、なんといってもキャパ2500のライブハウス。2列目だしとても見やすく、神がかってました。(これ全部感想言ってたらキリがないので軽めに)

 

夏のアリーナツアー!

この夏は忙しかったですが、すばるのこと以外何も考えてなかったです、この夏は渋谷すばるのためだけにありました。三重遠征!お近づきメドレーで見たメンバーは、本当に異次元かという程にカッコ良かった。

 

はい!元気コン!!

も~う、関ジャニへの熱は最上級。初めて3回入りました。

東京1日目はアリーナで エイトについても相当詳しくなった頃だし キャンジャニ(私は錦子ガチ恋です。可愛すぎる涙)とかもあったし いま「今までで1番楽しかったライブは?」と聞かれたら、迷いなくこの日を答えます。

東京2日目、クリスマスの名古屋遠征と、この元気コンの思い出は、本当に濃いし宝物です。

 

つぎ!渋谷すばるのカバーアルバム!

なんと、2年連続のzepp当選です。「当選」の文字を見た時は駅でボロボロに泣きながら妹に電話しましたね、初めての嬉し涙。整理番号も早めで 押され押されのわたしは、最前列までいきました。すばるの汗まで、奥歯まで 全てを目の前で見ることが出来ました。

この思い出は これだけで別の記事にして良いくらいのものです。その頃別のことでかなり精神的に病んで参っていた私に生きる希望をくれた、とにかく忘れられないライブです。ありがとう、超絶楽しかった

 

 

 はい、ここまでライブを中心に長々と綴ってきましたが

 

この頃の私は、愛情・楽しさ・嬉しさ・ときめき・癒し

全て関ジャニ∞で成り立っていたと思います。

全身全霊を捧げて「エイター」でした。

 

 

渋谷すばる以外はもちろん考えられない。

顔はめっちゃくちゃ美形でカッコ良くて大好きなタイプだし、華奢(好き)だし

関ジャニは人間らしさの強いグループですが、中でも渋谷すばるの人間らしく、飾らず「そのまま」をさらけ出す感じ、弱い部分も見せて 感情や世の中のぐちゃぐちゃを歌で届ける、みたいなアツい感じに「ついてくぜ!」って惹かれていったし

だからこそライブで言う「愛してます、エイター」の言葉を心からそう思ってると伝わったし、彼だけが大好きで、口パクとかアイドルスマイルとかに対して、「作り物じゃん」「物足りなくなんないの?」みたいに思ってました。ごめんなさい(笑)

 

 

でもそうやってそれ以外の魅力がわからなくなってしまうくらい

渋谷すばる」「関ジャニ∞」だけの人生してたんです。

 

 

 

 

ここで、私の心の中にある変化が起きます。

 

目を逸らしていたけど

ちゃんと素直に向き合いたくてこれ書いてるわけなので

思ったことを素直に書きます。...後編で(笑)